就活

旧帝大生が解説!就活におけるインターンシップの重要性【2020年新卒必見】

更新日:

今回は就活におけるインターンシップの重要性について解説したいと思います。

 

  • インターンシップって本選考と関係ないから行く必要ないやん!

  • 就活のことまだ考えたくないからいいや、、

  • インターンシップは無給労働だから面倒!

上記のように考える人は少なくないと思います。僕も周りの人がインターンシップに応募しているのにつられて応募した感じでした。。

しかし、就活を終えた今、インターンシップに行くメリットがあったなあと思ったので、まとめたいと思います!

 

 

 

ES準備、自己分析、SPIのスタートダッシュができる

 

就活をする際に誰もが避けて通れない最初の関門、それが会社ごとのES(エントリーシート)を提出すること、SPIの受験です。

ESの代表的な内容は以下の通りです。

  • 志望理由
  • 学生時代に最も力を入れたこと(学チカ)
  • 自己アピール

これらの内容は就活解禁になったからといってすぐに書けるようにはならず、トレーニングし他人に添削をしてもらうことで徐々に完成形に近づくものです。

しかし、、、

就活解禁した瞬間、一斉に企業がES締め切り日にちを公開し、複数の企業のエントリーシートを効率よく仕上げなければいけません。

つまり、、就活解禁してからESの準備や自己分析、SPIの準備をしようと思うと、とても時間が足りないのです!

 

就活解禁の夏・冬のインターンシップに応募する際には、面接を実施する企業は少なく、ESとSPIを実施しインターン生を選ぶ企業が多いです。

インターンシップの応募でESやSPIを経験しておくことで、本選考のESや SPIの雰囲気を経験することができ、他の就活生よりも早い段階で本選考を意識することができます!

職種や業種ごとの雰囲気を体験できる

 

就活解禁してから「さて、どの業界の企業にエントリーシートを提出しようか」と考え始める人がいますが、それでは遅いし、時間がもったえないです!

就活解禁した後は、説明会・ES提出・面接対策などのラッシュで、複数企業を受ける人にとっては、いくら時間があっても足りないという状況になります。

特に、就活解禁してから業界や職種を決める人は、自分の就活の軸が決まっていないので、幅広い企業の説明会やESを提出してしまい、自分の適正やよく考えると行きたくないような企業にまで説明会やESを提出してしまうという事態になりかねません!!

 

そのため、インターンシップに参加し、職場の雰囲気はもちろん、職種や業種の仕事内容などを体験し、自分に合っているかどうかを見極め、就活解禁までに自分の就活の軸を明確にしておきましょう!

 

本選孝に関係することもある

インターンシップが直接的に本選考の内定につながることはない(ひょっとしたらあるのかもしれない)のですが、間接的には本選考に関係してきます。

 

インターンシップ中では、その企業の自分と同じ大学出身の先輩と接触し仲良くなることが多いです。

そして、その先輩が本選考に関する情報を早めに流してくれたり、ESの添削をしてくれることがあります。

実際そのようなことを僕が経験し、本選考をとても有利に進めることができました。

 

また、全ての企業に言えることではないのですが、一部の企業では、インターンシップに参加した人限定で早期選考の案内メールが送られてくるなどのメリットもあります。

 

 

まとめ

 

インターンシップに参加することにより、就活準備を早めに進めることができ、より有利に本選考を進めることができると思います。

ぜひESを応募してみましょう!

 

 

 

Pocket




    オススメの記事はこちら!

    1

    皆さんは先日googleが発表した「STADIA」ってご存知ですか?   STADIAとは、GDC(ゲーム開発カンファレンス)で発表したサービスなのですが、このサービスがとんでも無いんです。 ...

    2

      最近は自分の日常を動画にさらけ出す「日常生活系ユーチューバー」が流行していますよね。 みなさんのオススメ動画のところにも 朝のルーティン 休日の1日 などの動画がよく出てくるのではないの ...

    3

    オートミールにハマりすぎてお腹が食物繊維の量に耐えられずお腹壊した。。。 どーもっ、ころです♪( ´▽`)   今回のテーマは、減量食としてよく耳にする「オートミール」です!   ...

    -就活
    -,

    Copyright© Cololo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.