生活の心理学 生活全般

Twitterにリア垢は必要ない。趣味垢を充実させるべき心理学的理由【劣等感について】

投稿日:

お祭り行ったらとりあずりんご飴買うけど食べにくすぎて毎回後悔する。。。

どーもっ、ころです♪( ´▽`)

 

最近ツイッターでブログ専用アカウントやゲーム用垢を作ったのですが、リアルのアカウントより楽しい!!ってことに気づいた!

 

てことで、リアルよりも趣味のアカウントを作ることのメリットを心理学を交えながら紹介していきます!

 

難しそうなことをこれからたらたら書きますが、要するに「趣味アカウントは楽しい!」ってことを伝えたいんです!!笑

SNS(特にリア垢)は劣等感・嫉妬感を感じやすいツール

こんな記事を見つけました。

「自分よりもいい人生に見える」ーー他人のSNS投稿、日本人の2割が”嫉妬”Kaspersty Lab調査
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/25/news105.html

 

この記事の中では、

そのうち日本の回答者1000人中391人が「SNSで嫌な気分になったことがある」と答えた。「ある」と回答した人に「SNSを見て嫌な気分になった理由は何か」(複数回答)と尋ねたところ、約54%が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行、休暇)」と答えた。

その他の理由には「迷惑な広告」(48%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(43%)、「自分が投稿した写真やコメントに『いいね!』やコメントがあまりつかなかった」(42%)などが挙がった。

という記載がされています。

 

こんなに多くの人がSNSで嫌な気持ちになっているんか。。( *`ω´)

 

約半数が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った」ことから嫌な気分になっています。

これは、他人と比較したことで生まれる嫉妬感や劣等感を感じてしまっているから。(°▽°)

 

人間は、心理学的に自分と関係性が近い人間を比較対象にしやすい

例えば、イチローが年俸◯億円って知ったところで何も感じない一方で、

元同級生の年収が自分より◯百万高いという事実に対しては劣等感を感じやすいのです。

 

つまり、自分と関係性が近いリアルのアカウントは、劣等感や嫉妬感を感じやすい人にとっては苦痛になってしまうんですね。。

 

SNSは承認欲求の渦

  • 承認欲求:他人から自分が認められたいという欲求のこと

「俺をみてくれ〜」「受け入れてくれ〜」「褒めてくれ〜」みたいな欲求。

 

いわゆる

  • 自撮り
  • 旅行の写真を載せる(リア充)
  • 独り言
  • ポエム(そんなやつ嫌だ)

などは、フォロワーからの反応を意識しているものであり、

「誰か自分を承認してください」という期待があるんですね。

 

このようなリアルな友達の承認欲求の渦中にいては、疲れてしまいます。。劣等感を感じずにはいられない人だっているんです。

(僕もそのタイプの人なので、、泣)

 

ぶっちゃけリアルな人はリアルに会って話せばいいし、こんだけ劣等感や嫉妬感を感じて苦しむくらいならリアルアカウントは辞めてしまえばいいんです♪( ´▽`)

 

趣味垢(趣味アカウント)のメリット

「リア垢はやりたくないけど、誰か人と繋がりを持ちたいよう・・(°▽°)」

そんな人には趣味アカウントをお勧めします

趣味アカウントの方が、得られる心理的報酬が大きいのです!

  • 心理的報酬:心理的に得られる報酬。「愛情」「サービス」「物品」「お金」「情報」「地位」に分類される。心理的報酬を与えてくれる人の元に人は集まる。

趣味垢で得られる報酬は「愛情」や「地位(自分の居場所)」などでしょう。

 

同じものを共に楽しめる・気楽な会話ができる(ストレス解消)

趣味アカウントにもいろいろな種類はあると思います。

 

僕はゲーム垢も持っているのですが、ゲームアカウントを通して、そのゲームが好きな人とのみ繋がることができます。

そのアカウントの中では、相手もゲームをしてくて自分もゲームをしたいんだから、何回もゲームを遊んで交流できる!楽しい!!

つまり、楽しい(ストレス解消)という気持ちを享受しやすいんですね(*´ー`*)

 

また、趣味を通して喋ると、非常に気楽な会話をすることができます。

というのは、趣味を通すことで、人間関係・境遇など関係なく、趣味のみで会話することができるんですね。

 

自分が楽しいことだけ気楽に話せる!こんな楽しい空間ないよ!?!?!?

 

自分の意見が支持される(承認欲求が満たされやすい)

同じ趣味を持った人たちが話をすると、意見が一致することが多いですよね。

意見が合うということは、話している人は自分の考えや意見が正しいことと支持されたことになります。

 

このように人から支持されることは、自分の自信につながり(自己評価が高まる)、自尊心の強化や承認欲求を満たすことにつながりるのです。

 

所属するコミュニティを一つ増やせる

これも大きいですね。

リアルにアカウントを持ったところで、所属するコミュニティは増えない。

でも、趣味アカウントでは、今まで喋ったことのない人と仲良くなることができるんですね。

 

コミュニティというものはこの世には無数に存在し、様々な価値観・特徴のコミュニティがあります。

 

少数のコミュニティに固執していると、そのコミュニティで失敗しただけで

「人生オワタ(°▽°)」

と感じてしまうことがあると思う。

 

だけど、そこのコミュニティに居座り続ける必要はないんです。人生終わりじゃないんです。

スポーツやツイッターでも、複数のコミュニティに所属していれば、どこかしらのコミュニティはあなたを受け入れてくれるんですね♪( ´▽`)

 

、、、少しスケールが大きな話をしてしまった。笑

 

このように、コミュニティを増やすことで、人間関係の悩みが全く違うものになるのです( ✌︎'ω')✌︎

 

でも趣味垢もやっぱりSNSだから、、、

とは言いつつ、やはり趣味垢もSNSです。。

 

アドラー心理学では「すべての悩みは対人関係から生じる」と断言しています。

SNSをやっている限りは対人関係は存在し、趣味垢でもおそらくあるでしょう。。

そこから悩みのタネが生まれることも。。

 

アドラー心理学では、

  • 承認欲求から解放される方法
  • 劣等感を克服する方法

を提唱しています。

 

この提唱についても紹介したかったけど、、語り始めたらこの記事が長くなりそう、、(°▽°)

なので、ツイッターにつきまとうような承認欲求・劣等感の克服方法はまた今度の記事で触れたいと思います!

 

 

では、読んでくれてありがとうございました♪( ´▽`)

 

また来てねっ!!!

 

 

 

 

 

Pocket




    オススメの記事はこちら!

    1

    皆さんは先日googleが発表した「STADIA」ってご存知ですか?   STADIAとは、GDC(ゲーム開発カンファレンス)で発表したサービスなのですが、このサービスがとんでも無いんです。 ...

    2

      最近は自分の日常を動画にさらけ出す「日常生活系ユーチューバー」が流行していますよね。 みなさんのオススメ動画のところにも 朝のルーティン 休日の1日 などの動画がよく出てくるのではないの ...

    3

    オートミールにハマりすぎてお腹が食物繊維の量に耐えられずお腹壊した。。。 どーもっ、ころです♪( ´▽`)   今回のテーマは、減量食としてよく耳にする「オートミール」です!   ...

    -生活の心理学, 生活全般

    Copyright© Cololo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.