ゲーム

ゲームの常識を覆す!googleのゲームサービス「STADIA」とは?機能やスペック、特徴などを徹底的に解説!

更新日:

皆さんは先日googleが発表した「STADIA」ってご存知ですか?

 

STADIAとは、GDC(ゲーム開発カンファレンス)で発表したサービスなのですが、このサービスがとんでも無いんです。   何がすごいのか簡単に言っちゃうと、

  • どんなゲームでも(PS4、swich、Xboxなど)ネット環境さえあればプレイできるようになる
  • とんでないパワーのクラウドゲーミング
  • あらゆる環境やデバイスで動く
  • YouTubeとも連携

です。

 

ですが機能や遅延(ラグ)に関してはまだ明らかになっていない渡航ことが現状となっています。

 

その辺りも踏まえながら詳しく解説していきますね!

 

STADIAとは?

STADIAとは2019年3月19日にグーグルが発表したブラウザベースのテレビゲームストリーミングサービスのことです。

これだけじゃ何がすごいのかよくわからないと思いますので、一つ一つ説明していきますね。

 

STADIAの特徴

ハートウェアの制限がない

Image: Google Developers/YouTube

これが最も大きな特徴の一つと言えるでしょう。

あるゲームをプレイしたいときは、ゲーム機とゲームソフトを購入して遊ぶ

PS4のゲームを遊ぶためにはPS4を買う。

Swichのゲームを遊ぶためにはSwichを買う。

つまり、これまではあるゲームをプレイしたいときはそれに対応するハードウェアを購入する必要があったんです。

 

一方STADIAでは、新しくハードウェアを購入する必要がなくインターネット環境さえあればあらゆるゲームがプレイできるというものなんです。

 

簡単に言えば、今持っているスマホやPC、つまり

  • Windows
  • mac
  • Linux
  • Chrome OS

などのプラウザでPS4やSwichのソフトをプレイできるということなんです。

 

ちなみに、googleから専用コントローラー「Stadia Controller」も発売されるようです。

このコントローラーはWi-Fi接続となっており、ダイレクトにGoogleのサーバーに接続することができ、ラグを削減することができるようになっています。

もちろん既に持っているコントローラやマウスも使えます

 

「じゃあパソコンでしかプレイできないの?」 と思った方もいるかもしれませんが、Chromecast Ultraを購入することで、テレビに映してゲームを楽しむことができます。

 

スペックを気にする必要がない

自分が今持っているパソコンやスマホでPS4やSwichのゲームをプレイできるということでしたが、

「自分が持っているボロPCでゲームをすることができるの、、、?」

って思うかもしれませんが、STADIAではその必要がありません。

 

STADIAにおいては、ゲームをプレイする際に必要な負荷の高い処理をgoogleのサーバー群に任せて、そのプレイ画面を自分の端末にストリーム(リアルタイムで映し出す)ことでゲームをプレイするという方式をとります。

これが「ゲームストリーミングサービス」なのです。

 

つまり、実質動画を見るくらいの負荷であらゆるゲームをプレイすることができるんですね。

 

また、スペックについてなのですが、STADIAのGPU部分は最新のグラフィックボード並みの処理能力だそうです。

Image: Google Developers/YouTube

具体的には、PS4Proの約2倍、Xbox One X の約1.5倍となっているそうです。

 

このままでも十分すごいですが、最終的には8K 120FPS以上のスペックに上がるそうなので、そうなれば今までのハードディスクは必要なくなりそうですね。

 

YouTubeとの連携

一般的なパソコンやスマホなどの自分の端末で動画配信をしようとすると、ゲームの処理に加えて動画配信の処理もしなければならないため、高スペックの端末が必要でした。

 

しかしSTADIAでは、YouTubeシェアボタンを押すだけで高画質配信ができてしまうんです。

 

世界中のプレイヤーが気軽に動画配信し流行る可能性がとても高いですね。

 

さらに、「Crowed Play」という機能もあります。

これはゲームの配信中にYouTube視聴者がボタン一つでそのゲームに飛び込み参加することができるというものです。

これは盛り上がらないわけないですよね。。。

 

ラグ(遅延)はあるのか

スペックと手軽さは申し分ないことがわかりましたが、問題はオンラインゲームをプレイする際のラグです。

GDC2019の体験ブースの動画やツイートを見る限りでは、若干の遅延があるようです

 

やはりgoogleのクラウドで全ての処理をしているので、コントローラーの入力の情報に対して遅延が生じてしまうのはしょうがないと思います。

 

遅延という最大の壁がなくなれば、それこそ申し分ないですが、そこを差し引いても手軽にあらゆるゲームがあらゆる環境でプレイできるというメリットが大きいので、ある程度流行すると言えます。

 

サービス開始日や料金、対応ゲームは?

2019年3月20日現在では、STADIAは北米とヨーロッパで2019年内にサービスが始まることがアナウンスされましたが、日本で提供されるかは不明となっています。

ですが、それらの地域で成功した場合はほぼ間違いなくアジア地域にも進出してくるでしょう。

 

また、価格や利用料金に関しても発表はまだとなっています。

おそらく、特定のゲームソフトを買うのではなくgoogleのサーバーを使わせてもらうという体系ですので、毎月料金を支払うサブスクリプション型になる可能性が高いと言えます。

 

対応ゲームに関しては、現時点では

  • Ubisoft(アサシンクリードなど)
  • id Software(DOOMなど)
  • TEQULIA WORKS
  • Q-Games

などの企業が参入を発表しています。

 

今後の展望

処理能力が無限に上がる

現在公式に発表があった数値では、PS4の約2倍の処理能力であるということでした。

ですが、今後はこの処理能力は無限に上がっていくでしょう。

 

というのも、従来のハードウェアに縛られていたゲームは、ハードウェア(PS4、swichなど)のスペックでプレイできるようにゲームが開発されてきました。

一方でクラウドサービスでは、高性能な処理配列を無限に組み合わせることができるため、理論上は無限に処理能力を上げることができるのです。

 

つまり、

  • めちゃくちゃ美麗グラフィックゲーム
  • あらゆるオブジェクトを破壊できるゲーム

などを作れるようになる可能性があるんです。

 

夢めっちゃ広がるねぇ。。。。

 

グラフィックの自動生成


今後はAIの動的な画像スタイル変換が可能な「Style Transfer MLという機能を実装すると発表がありました。

機械学習を用いることで、ゲーム内のエフェクトやスキン、ステージをリアルタイムでゲーム画面に適応することができるという機能です。

 

この機能を使うことで、リアルタイムにゲーム内の世界が無限に広がるされちゃうんですよ。

 

無限に広がるオープンワールドとかワクワクしかない。

 

 

Pocket




    オススメの記事はこちら!

    1

    皆さんは先日googleが発表した「STADIA」ってご存知ですか?   STADIAとは、GDC(ゲーム開発カンファレンス)で発表したサービスなのですが、このサービスがとんでも無いんです。 ...

    2

      最近は自分の日常を動画にさらけ出す「日常生活系ユーチューバー」が流行していますよね。 みなさんのオススメ動画のところにも 朝のルーティン 休日の1日 などの動画がよく出てくるのではないの ...

    3

    オートミールにハマりすぎてお腹が食物繊維の量に耐えられずお腹壊した。。。 どーもっ、ころです♪( ´▽`)   今回のテーマは、減量食としてよく耳にする「オートミール」です!   ...

    -ゲーム
    -

    Copyright© Cololo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.