identityⅤ(第五人格) 生活の心理学 荒野行動

スマホゲーム(荒野行動、IdentityV)で出会い厨が多い理由を心理学的観点から考察してみた

更新日:

 

どうもっ、最近荒野行動とIdentityVに時間割かれすぎてもうなんの時間を削ればいいかわからない。。

ころです♪( ´▽`)

 

みなさんはオンラインゲームはプレイしてますか??

僕がプレイしている荒野行動やIdentityVでは、俗に言う「出会い厨」が大勢います。

こんな感じの人いますよね、、

 

「出会い目的なら普通の出会い系アプリ使えよ!!」

「健全にゲームを楽しめ!!」

と思う方も多く、出会い厨はTwitterで晒され、ギッタギタのボッコボコにされてます。

ジャイアンか!って

 

実際も僕もゲームをしている時に、「ああ、こいつ出会い厨だな。」みたいな人多く見かけました。( *`ω´)

 

それでも出会い厨が減らないということは、何らかのメリットがあるからです

 

今回は、なぜ出会い厨が減らないのかを真剣に考えていきたいと思います。

 

※この記事はゲームを出会いに使うことを促進しているわけではないです

 

「近くの人を検索」機能がある

荒野行動には、「近くの人を検索」と言う機能があります。

そもそもの元凶はここにありますね。

 

荒野行動やIdentityVは俗に言うオンラインゲームに分類されます。

オンラインゲームは、

  • 住んでいる場所
  • 性別
  • 年齢

など関係なく平等に遊べるところに価値があります。

 

しかし、この「近くの人検索」機能があることにより、荒野行動をやっている近くの人を狙い撃ちすることができます。。。

 

近くにいて、かつゲームで仲良くなる、、、これは直接会いたいと思ってしまう出会い厨がいるのも当然ですね、、、とほほ(°▽°)

 

ゲーム内で恋に落ちやすい心理学的理由

共通の趣味を持つ

これが最も強いですね。

ゲーム内で出会うということは、お互いそのゲームの話題で盛り上がることは確定しています。

 

普通の出会い系アプリでは、なかなかビタッと趣味が合うことがないので、これはすごいアドバンテージです(°▽°)

 

また、共通の話題で一緒に遊んでいるため、基本的には会話の話題に困らないことも強みです。

ゲーム中は、雑談以外にも

  • アイテムのやりとり
  • 戦闘のコミュニケーション

などの会話が必要となってくるので、無言の間が少なくなります。

 

無言になる恐怖がないため、リラックスして話せるんですね♪( ´▽`)

ですので、相手に話しやすい印象を与えることができます

 

話しやすい相手とは出会いたくなるもんね。。

 

単純接触効果が発生しやすい(ザイアンス効果)

  • ザイアンス効果(単純接触効果):接する回数が増えるほど、好感度や印象が高まる効果

実際の出会い系では、実際に会ってデートをする必要があります

一方で、オンラインゲームでは、戦闘中に一緒に行動することで、ゲーム内で疑似デートをしているような感覚になります。

 

それゆえ、実際に会うよりも、敷居が低いデートを何回も行うことが可能となるのです。

 

「今日は二人でプレイしようよ〜」なんてのはもうデートってことだ。笑

 

ゲーム内での疑似デートを何回も行うことで、簡単に何回も接することが可能となり、簡単にザイアンス効果を高め、好感度を上げることができるのです。

 

ボイスチャットができること(メラビアンの法則・認知的不協和理論)

  • メラビアンの法則 :話し手が聞き手に与える印象は話の内容7%、聴覚38%、視覚55%で決まる
  • 認知的不協和理論 :自分の行動や思考に矛盾が生じた場合、その矛盾を筋が通っているように強引に認識を改めようとする行動

荒野行動やIdentityVでは、ボイチャ(ボイスチャット)をしながらゲームを行うことが多いです。

ボイチャは音声なので、メラビアンの法則に従うと、内容と聴覚(合わせて45%)が関係してきます。

 

ボイチャは、実際に会うのに比べて、とても敷居が低いコミュニケーション方法です。

実際に会うという気の使う面倒な行為をする前に、ほぼ半分(45%)の印象を相手に与えることができるのです

 

また、ボイチャは電話と似ています。

電話って好きな人とすることが多いですよね。

「あれ、なんで好きでもない人とボイチャ(電話)してるんだろう」

→「あ、この人のことが好きなのかも!?!?」

このように矛盾を無理やり解消するように思考が成立します。

これが不協和理論です。

ボイチャを通して認知的不協和理論が成立し、相手の好感度が高まります。

 

戦闘中のスリルを一緒に体験できる(吊り橋効果)

  • 吊り橋効果:恐怖・興奮・不安によるアドレナリン増大で心拍数が上がり、心拍数増加により相手に恋をしていると錯覚を起こす効果

 

荒野行動やIdentityVなどのオンラインゲーム中では、敵と戦います。(当たり前笑)

一緒に敵と戦うことや索敵をすることで、興奮・不安状態となるので、吊り橋効果を高め、恋に落ちていると錯覚する(させる)ことができるのです。

 

ヤキモチを妬かせる(妬く)ことが多い(独占欲求)

  • 独占欲求:自分ではない誰かに自分の場所を奪われる(交換可能性)ことを恐れ、束縛・執着をすることで、恋心が生まれてしまう

荒野行動などのオンラインゲームは、フレンドになることで、

  • 相手がオンライン状態かどうか
  • 相手が誰とプレイしているか

などを知ることができます。

 

つまり、相手のSNS等を知っていなくても、ゲーム上での相手の行動を把握できてしまうのです。

 

ゲーム内での気になる相手の行動を監視してしまうことで、交換可能性を恐れ、独占欲求が生まれ、恋心をくすぐられてしまうのです。。。

度を超えると出会い厨&ストーカーの類になってしまいますね。。

 

 

まとめ

どうだったでしょうか?

普通の出会い系アプリよりも、ゲーム内で会う方が様々な心理学的アドバンテージがあるんです、、

 

かといって、「ぜひ出会い厨になりましょう!」と言っているわけじゃないですからね!!!笑

 

この記事では、ボイスチャットや近くの人検索機能のことを悪く言うような感じになってしまいました、、、、

が、非常に便利で画期的な機能です。

 

それらの機能を通して、各プレイヤーがお互い気持ちよくプレーできるような配慮をすることが大切になってくるでしょう。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

 

また来てねっm(_ _)m

 

 

 

 

Pocket




    オススメの記事はこちら!

    1

    皆さんは先日googleが発表した「STADIA」ってご存知ですか?   STADIAとは、GDC(ゲーム開発カンファレンス)で発表したサービスなのですが、このサービスがとんでも無いんです。 ...

    2

      最近は自分の日常を動画にさらけ出す「日常生活系ユーチューバー」が流行していますよね。 みなさんのオススメ動画のところにも 朝のルーティン 休日の1日 などの動画がよく出てくるのではないの ...

    3

    オートミールにハマりすぎてお腹が食物繊維の量に耐えられずお腹壊した。。。 どーもっ、ころです♪( ´▽`)   今回のテーマは、減量食としてよく耳にする「オートミール」です!   ...

    -identityⅤ(第五人格), 生活の心理学, 荒野行動

    Copyright© Cololo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.