ゲーム 荒野行動

【荒野行動】最速!?950m落下法解説!

更新日:

荒野行動で最近話題となっている、950m落下法について解説したいと思います!

サッカー場やデパートなどの武器ガチャゲー激戦区においては特に差が出やすいので、忘れずに950m落下を使いましょう!!

今まで最速とされてきた方法:1200mダイブ

ピンをさした地点から1200m付近に到達してから落下を始め、ひたすら移動パネルを前に倒して前進する方法のことです。今までは、この方法が最も早い落下法であると考えられていました。

 

非常に簡単な降り方であるので、今でも使っている人は多くいます。

 

が、次に紹介する950mダイブの方が明らかに落下するスピードが早いです。

是非覚えておきましょう!

最速落下方法:950mダイブ

まず最初に動画で成功例を上げておきます。

このように下に落下しつつ、前方向にも移動している場合は成功しています。

 

では、詳しく説明していきます。( ´∀`)

 

手順1:950m付近でヘリコプターから出るボタンを押す

まずは、ピンの地点が950m付近になったところで、ヘリコプターから出て落下を始めます。

どんどん加速します!

 

手順2:スピードが120km/hになるまで、前進する

ヘリコプターから落下を始めたら、すぐに移動カーソルを前に倒し、目標点に向かって前進し、スピードが120(119でもおけ)km/hになるまで加速します。

 

手順3:スピードが120km/hになった瞬間に移動カーソルを離す!

加速を続け、スピードが120km/hとなった瞬間、移動カーソルから手を離し、ニュートラルな状態にします。自分のキャラクターが大の字で、視点が前を向いて落下している状態となっていれば成功しています。

手順4:そのまま視点を真下に向けて、急降下を開始する!

手順3の状態から、視点を真下に向けます。ここで注意して欲しいのは、移動カーソルではなく、視点を真下向けるということです!!
この動作で、キャラクターが大の字になった状態で視点が下を向いている状態になります。(上図)
そして、その状態から移動カーソルを前に倒し、急降下を始めます。
この時、普通に急落下しているよりも、前方向に早く進んでいる場合は成功しています!

よくある失敗例

よくある失敗例は、視点を真下に向けて再び前進を始めた後、視点を再びいじってしまう例です!

視点を再びいじってしまうと、手順1、2で得た前進スピードが失われ、ただの急降下になってしまいます。

なので急落下を再開始してからは、視点カーソルをいじらないようにしましょう!

管理人の経験上、視点カーソルをワンフリックで視点を真下に持っていき、移動カーソルを前にすることで成功しやすい(気がする)

まとめ

この950m落下法は、今まで最速とされてきた落下法よりも1〜2秒ほど早く降りることができるため、ぜひ習得しておきたい技術です!

しかし、方法がなかなかシビアで、失敗すると着陸地点が大幅に変化してしまうため、十分に練習を重ねてから実戦で使うようにしましょう。

Pocket




    オススメの記事はこちら!

    1

    皆さんは先日googleが発表した「STADIA」ってご存知ですか?   STADIAとは、GDC(ゲーム開発カンファレンス)で発表したサービスなのですが、このサービスがとんでも無いんです。 ...

    2

      最近は自分の日常を動画にさらけ出す「日常生活系ユーチューバー」が流行していますよね。 みなさんのオススメ動画のところにも 朝のルーティン 休日の1日 などの動画がよく出てくるのではないの ...

    3

    オートミールにハマりすぎてお腹が食物繊維の量に耐えられずお腹壊した。。。 どーもっ、ころです♪( ´▽`)   今回のテーマは、減量食としてよく耳にする「オートミール」です!   ...

    -ゲーム, 荒野行動
    -,

    Copyright© Cololo , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.